カジノで写真を撮れるかどうかは、観光客の間でいつも話題になるテーマですよね。カジノの警備員に強制的に退店を求められるリスクを負いたい人なんていませんから、当然のことでしょう。そこで、何軒かのカジノに電話をかけて調べてみたところ、ある驚きの結果が出ました。

カジノで写真撮影はOKか?とよく聞かれますが、歴史的にみると、セキュリティやプライバシーの観点から、カジノ内での写真撮影はずっと長い間、厳しく禁止されていました。しかし現在では、ゲームテーブルやキャッシャーケージ、無防備な人物を撮影しない限り、ほとんどのカジノでは数枚程度であれば写真撮影が許可されています。ただし念のため、訪れたカジノのスタッフに相談してから撮影するのが安全でしょう。

写真撮影を許可している多くのカジノでは、セキュリティ面の問題が懸念されているところもありますが、ほとんどのカジノオーナーは、今のSNS時代における写真の価値を認識するようになってきています。それでも、写真撮影は完全自由ではないので、ゲストはいくつかのルールに従わなければなりません。

プロの撮影はNG

カジノで撮影が制限される理由は、主にセキュリティとプライバシーの問題です。スマートフォンが普及する以前の時代では、カメラを携帯している人は皆、悪意をもって来店していると疑われました。強盗やイカサマなど、何らかの不正行為を企んでいる可能性が高かったからです。

まるで強盗映画のシナリオだと思われるかもしれませんが、現代の監視システムは高度化しているにもかかわらず、カジノ犯罪は後を絶ちません。そのため、依然として撮影の制限も残っているのです。

スマートフォンなどの携帯電話はよく使われていますが、カジノ内でデジタルカメラや一眼レフのようなものを使うことは、ほとんどのカジノで違法とされています。三脚や自撮り棒を使っても同じです。つまり、カジノでは、プロカメラマン並みの画像を撮影するための機材の使用は厳しく禁じられているのです。

今度カジノに行ったら、まず写真撮影のルールを説明した看板があるかどうか確認し、ポリシーをよく読むようにしましょう。こうした看板は、カジノの入り口付近やゲームフロアの至る所によく見かけられます。カジノは十分な数の看板を立てていなければ、写真撮影の禁止を強制できないので、ゲストが何をするのも自由になってしまいます。

もしも、写真を撮った後に警備員が近づいてきたら、撮影禁止を促している看板はどこにあるのか指さしてもらいましょう。看板等がなければ、たいていの場合、警備員は不本意ながらもゲストを強制することはできないでしょう。

時代の流れに乗ろう

今日では、誰もがスマートフォンでカメラを持ち歩く時代となり、カジノでは携帯電話の使用を取り締まることが難しくなってきています。そのため、近年では、ほとんどのカジノで写真撮影の規制が緩和されているようです。実際、厳格な撮影禁止ポリシーを実施するのは、非常に難しいのでしょう。

SNSと自撮り文化が世界中に一般化した今、写真撮影を禁止することは経済的効果の面からみても悪い選択とみなされています。それどころか、どのカジノもSNSをマーケティングツールとして活用したいと考えているのです。実際のところ、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSにて、ゲストがカジノに行ったときの喜びや勝利をシェアしてくれれば、カジノにとって無料の”宣伝”をしてくれることになるからです。

その結果、以前は不正行為を招く悪の存在だとされていた写真撮影が、今日ではカジノのもう一つの収入源として考えられているのです。SNSで多くの客を呼び込んでも、カジノが常に儲かる理由は、たいてい運営側が勝つようにシステムができているからです。

以上のとおり、現在では、カジノも時代の流れに乗り、スマートフォンを中心とした店内での撮影を一部許可しています。しかし、ゲームテーブルやキャッシャーケージ付近での撮影や、従業員の同意のない撮影はいまだに禁止されているところがほとんどですので、気をつけましょう。